ブラックウォールを洗浄しました

ドローンに多様な作業性を実現

スプレー缶噴射装置

SABOT

SABOTはドローンに取り付けることで、

​スプレー缶の内容物を遠隔操作で吐出することができる装置です。

黒板

ワンタッチで

​取り付け

SABOTはDJI社のSKYPORTを備えており、SABOTの対応機種ならば取り付けるだけで使用可能となります。特殊なハードウェア改造や、特別なソフトウェアをインストールする必要はありません。

そのため、普段ご利用されている機体のカメラのペイロードを交換するような感覚で、SABOT使用するミッションを行うことが可能です。

対応機種:

- Matrice 210 V2

- Matrice 210 RTK V2

対応予定機種:

- Matrice 300 RTK

SABOT取り付け画像
SABOTは自動認識
黒くなった紙

交換容易な

​ノズルと缶

液体物を使用する上で、手間がかかってしまうのが流路とタンク周りの作業です。

SABOTは流路となるノズルとチューブが一体のアセンブリとなっており、全て丸ごと取り外すことが可能な設計となっています。そのため、使用後のメンテナンスが容易で、さらには使い捨てとしての運用も可能です。

また、流路全てを交換できるため、ミッション中の液剤の切り替えにも柔軟に対応できます。

スプレー缶を使用するSABOTは原理的にタンクの洗浄や充填作業は生じません。缶の交換作業も、SABOTの後方部のスナップ錠を外すだけ。工具レスで缶へのアクセスが可能です。

ノズル画像
缶の交換
ブラックウォールを洗浄しました

操作性の良い

​インターフェース

SABOTはDJI社のCendence-Sコントローラを使用することで、作業に必要な全てのアクションをハードボタンに割り当てることが出来ます。操縦中にスティックから手を放すことはありません。

​GUIは中央部に情報を集中させたデザインとしており、視界に必要な全ての情報を収める事が出来ます。

狙いを定めるの為に必須となる着弾予想位置は、レーザ測距センサから得られた対象物までの距離と、缶の内容物の液性から計算されており、高精度なピンポイント噴射作業を可能にしております。

コントローラ
GUI

​広い適用性

SABOTは内部に複数種類の汎用的な入出力を備えており、様々なコンピュータシステムとの通信・連携が可能です。

その為、カスタマイズ性に優れており、DJI社以外のドローンは勿論のこと、ドローン以外にもあらゆるロボットに対してモジュール部品として組み込み可能なスプレー缶噴射装置となっております。

例えば、フォークリフトに装着したSABOTをWi-Fiで遠隔操作することで、高所へのスプレー缶の吹き付け作業などを行うことが可能です。

フォークリフトSABOT

お問い合わせ

お問い合わせにはこちらのフォームをご利用ください

​プライバシーポリシーについて

送信ありがとうございました。後日、担当よりご連絡差し上げます。